マンションを売却する際の注意点

不動産会社選びは慎重に

単純に高い見積もりを提示されても買い手がつかなければ意味がありません。
規模が大きくて有名だからといって、担当が親身に手掛けてくれなければ安心して任せることはできません。
簡単に不動産会社を決めるのではなく、その会社のこれまでの販売実績、営業担当の熱意、誠実さなど、チェックポイントはいくつかありました。
私の場合は、地域にネットワークを持つ中堅の不動産会社に決めました。
初めて購入した家だけに、これまでの住んできた部屋には思い入れがあります。
それに1980万円で購入したと書きましたが、実は入居時に室内を大きくリフォームしていて、200万円近くお金をかけているのです。
だから、できるだけ高く買ってほしいという気持ちがありました。
どうしても、売出価格を相場より高めに設定したくなってしまいます。
ただ、不動産屋からのアドバイスでやや抑えめに設定しました。
客観的に物件を見るとマイナス点も目につきます。
室内も当時はピカピカでしたが、今はややくたびれた部分も多くありました。
「数年前はもっと高かった」とか「同じ集合住宅内で売却価格はもっと高かった」とか、過去のケースや周りから聞いた情報に振り回されては、売れるものも売れなくなってしまう可能性があります。

ローン返済がままならず中古マンションの売却を考える不動産会社選びは慎重に物件のマイナス面も正直に伝えて無事に売却マンションの売却をしました